目の下のクマを治す治療|若々しさを取り戻す

健康的で若々しい顔に

顔の手入れ

複数の原因

目の下にクマがあると、顔色が悪く見えたり、老けて見えたりします。そのため多くの人が、目の下のクマを消すために、美容外科を受診しています。しかし目の下のクマには、複数の種類があり、それぞれ原因が異なっています。具体的には、目元の血行不良が原因となって生じるクマや、メラニン色素の沈着が原因となっているもの、皮膚のたるみが原因となっているものがあるのです。そして原因が異なる以上、解消のための治療方法も異なっています。そのためこれらのクマを消すには、まずは種類を特定し、その上で適した治療方法を選択することが大事です。また、上記の複数のクマが一度に生じている場合もあります。その場合には、もちろんそれぞれに治療を施す必要があります。

それぞれの解消方法

具体的にどのような治療方法で、それぞれのクマを消すことができるのかというと、まず血行不良が原因となっている場合には、脱脂術が有効とされています。目の下に沈んできている眼窩脂肪を抜き取るという治療で、これにより目の下の血管では、血液が流れやすくなるのです。また、メラニン色素の沈着が原因となっているクマは、ダイオードレーザーの照射で除去できます。ダイオードレーザーには、メラニン色素に熱を与え、老廃物として排出させる作用があるのです。そして皮膚がたるんでいる場合には、その皮膚を手術で除去すれば、クマも一緒に消えることになります。皮膚は、まつ毛の生え際に沿って切除されるので、傷跡はほとんど目立ちません。このように美容外科では、どのクマも消すことができるのです。